忿怒形護法尊の銅造彫金仕上げ一点ものの仏像です。

忿怒の表情で、女神を踏みつけている姿は
恐ろしげでありながらもユニークに見えます。

護法尊 銅造彫金仕上げ 一点もの【仏像の天竺堂 仏教美術 中】


仏法の守護者という意味で、忿怒形をしています。
古代インド人達は、禍を避け、幸運を願うために、
悪鬼を征服する力の強い神を求めました。

チベットでも同様に、忿怒尊による攘災の思想は
一般にゆきわたり、数多くのチベット独自の
護法尊が生み出されています。

一点ものですので次の機会はないかもしれません。

護法尊 銅造彫金仕上げ 一点もの【仏像の天竺堂 仏教美術 中】


護法尊 銅造彫金仕上げ 一点もの
■サイズ:奥行き9cm 幅22cm 高さ25cm
■材質、仕上げ:銅造彫金仕上げ
108,000円(税込)

購入はこちら>>>

※全国の有名寺院、老舗百貨店、博物館にも納品されている本物の仏像です。

仏像の天竺堂 仏教美術 中
仏像の天竺堂 仏教美術 中

新規コメントの書き込み