チベット密教の守護尊である秘密仏「チャクラサンヴァラ(勝楽尊)」の銀製仏像です。
この種の尊像としては小さいサイズながら、複雑で細かくとても精巧な造形となっています。
素敵なお厨子などに納めて飾れば、秘仏らしい雰囲気をより楽しめます。
この種の銀製仏像は珍しく、妖艶な白銀の輝きが観る者をさらに崇高な気持ちへと
誘ってくれます。

チャクラサンヴァラ(勝楽尊)は後期密教経典「無上瑜伽タントラ」の母タントラ経典の一種
「サンヴァラ・タントラ」の本尊です。
女神崇拝の影響を強く受け、妃(ヴァジュラ・ヴァーラーヒー)を抱いた姿で表されています。
畏怖の形相でチベットの僧侶を守る守護尊(イダム)として古来より篤く信仰されてきました。

この仏像を見るとお分かりのとおり、如来や菩薩のような慈愛の表情は一切なく、
目尻を吊り上げ、カッと目を見開き、牙を剥き出した恐ろしい忿怒相が強調されています。
背後に燃え盛る火炎が、さらに忿怒の表情を強調しています。
4つの顔と12本の腕をもつ四面十二臂の姿で、各手には金剛杵をはじめ金剛鈴、
三叉戟や髑髏杯、ヒンドゥー教のブラフマー神の頭部などをもち、
両足でもヒンドゥー教のバイラヴァ神とカーララートリ女神を踏みつけています。
これは、仏教のヒンドゥー教への優位を表すものといわれています。

チャクラサンバラ 純銀製彫金仕上げ 一点もの【仏像の天竺堂 仏教美術 中】


逆に「サンヴァラ」には「優れた楽しみ」との意味もあり、絶対者と合一する
宗教的な法悦の境地を、性的な合一の快楽をもって比喩的に表現しているともいわれます。
また、この仏像のように夫婦の交わりという「性的」な要素や「非日常的」あるいは
「不浄なもの」とみなされている要素を悟りを得るための手段としてあえて
積極的に取り入れているのが後期密教の大きな特徴です。

沢山の手をもち、恐ろしげでありながらエロチックでキスをしているその姿は、
観る者の心に大きな衝撃を与えます。しかしながらその姿形には、
私たちが悟りへ至るための仏教理論の精髄が込められているのです。

無上の歓喜を感じたいあなたへ・・・
神秘的な秘仏を守り本尊にいかがでしょう。
一点ものですので次の機会はないかもしれません。

チャクラサンバラ 純銀製彫金仕上げ 一点もの【仏像の天竺堂 仏教美術 中】


チャクラサンバラ 純銀製彫金仕上げ 一点もの
■サイズ:高さ150mm x 幅110mm x 奥行50mm
■材質、仕上げ:銀製、彫金仕上げ
410,400円(税込)

購入はこちら>>>

※全国の有名寺院、老舗百貨店、博物館にも納品されている本物の仏像です。

仏像の天竺堂 仏教美術 中
仏像の天竺堂 仏教美術 中

新規コメントの書き込み